Skip to content
  • JA
戻る

製薬業界における持続可能性

製薬会社と機器メーカーの協業がもたらす変革

Share to Xing
Share to LinkedIn
Share to Facebook
Share to Twitter
Share to Whatapp
Share asa email

製薬業界が作り出す新薬は、多くの患者の寿命を劇的に延ばしています。しかし新薬開発に係るコス トは日に日に増加し、他の業界よりも多くの資源を過剰に消費していると言われています。この状況 に対応して、多くの製薬会社は持続可能性の実現に向けて、製造プロセスの見直しを急速に進めてい ます。製薬会社のサスティナビリティに関する課題解決に貢献し、目標達成をサポートできるのが製 造機器メーカーです。この協力関係こそが、両者にとって新しい価値と可能性を開花させるのです。

ー Syntegon Global News ー

製薬業界が作り出す新薬は、多くの患者の寿命を劇的に延ばしています。しかし新薬開発に係るコストは日に日に増加し、他の業界よりも多くの資源を過剰に消費していると言われています。この状況に対応して、多くの製薬会社は持続可能性の実現に向けて、製造プロセスの見直しを急速に進めています。製薬会社のサスティナビリティに関する課題解決に貢献し、目標達成をサポートできるのが製造機器メーカーです。この協力関係こそが、両者にとって新しい価値と可能性を生み出すと期待されます。

製薬業界は、約 2 万の企業で構成され、その影響力は全世界で顕著です。ただし、この業界は売上高だけでなく、CO2 排出量においても大きなインパクトを持っています。マックマスター大学のデータによれば 、 2015 1の医薬品産業の二酸化炭素換算量(CO2e)は、売上 100 万ドルあたり約 50 トンで、その年の全世界での売上は 9,620 億ドルに達しました。驚くべきことに、この業界の CO2 排出量は、自動車 産業の 55%2も上回る数値です。

製薬企業は課題に直面しています。命に直結する医薬品を市場に供給するため、品質を確保しながら、所定の期間内に製品を届ける使命があります。一方で、生産から供給に至るまでのプロセスでの CO2 排出量を大幅に削減するプレッシャーが増しています。両方を実現するためのソリューションを模索する中、業界では炭素排出削減技術へのイノベーションが急速に進行しています。事実、国際製薬団体連合会(IFPMA)に所属する主要企業のうち 80%以上が、CO2 排出を最大限に削減し、カーボンニュートラルの実現を目指すしています3

製造機器メーカーの果たす役割

国際製薬団体連合会をはじめ、多くの大手製薬会社は野心的な目標を掲げています。例として、ロシュ社 は 2029 年までにカーボンフットプリントを半減4するとしており、バイエル社は 2050 年に温室効果 ガスのネットゼロ達成5を目指しています。一方、ノボ ノルディスク社は 2045 年までに同じ目標6を、 そしてベーリンガーインゲルハイム社は 2030 年までに事業活動のカーボンニュートラル化7を目指しています。

なるプローりながらも、これらの企業で共有するのは、サスティナビリティへの組みのビジョンです。このビジョンは製薬業界にとどまらず広範囲な産業に影響を及ぼします。カーボンフットプリントの算、学的根拠基づく目標定、持続可能性レポートは、製薬会社だけでなく製造機器メーカーにとっても必となっています。なぜなら、全ての製薬会社のカーボンフットプリントには設備の CO2 排出量が含まれており、製造機器メーカーはこの分野で中心的な役割を果たしているからです。設備は一度導入されると数十年にわたり影響を持つため、製造機器の選定は CO2 削減の主要なアプローチとなります。製造機器メーカーは、機器の最適化やエネルギー効率の高いソリューショ ンの開発を通じて、製薬会社の持続可能性目標達成をサポートする重要なパートナーとなります。

購買決定を後押するカーボンフットプリント

EcoVadis のような価機関は、多的なサスティナビリティ基準基づいて企業を価します。この ような定をけることで、製造機器メーカーはその持続可能性への組みを確でき、これが製薬会社との信頼関係構に役立ちます。さらに、CDP(正式には"Carbon Disclosure Project = カー ボンディスクロージャープロジェクト"としてられる)SBTi (Science Based Targets Initiative = 学的根拠基づく目標定のイニシアチブ)といった枠組み加することで、確で 透明性の高い改善目標を進することが可能です。年、製造機器メーカーにおいては、技術、市場価、所 全体コスト(TOC)、設備CO2 排出量が購入決定の重要な要となっています。

さらに、ソフトウェアを活した CO2 排出量分析は、大メーカーの間で有益ールとしての地位 を確立しています。加工・包装設備の生排出量は、機器のライフサイクルをじて定量化され、検証されます。なお、CO2 排出量の大部分(80~90%以上)は機器の使用中に発生するため、分析は主にこの段階焦点てて行われます。主要なパラメータには、出される力、圧縮空気やそ の他の体の使用が考慮されます。製薬業界では、このような CO2 排出レポートを利用して、排出量削減のための設備投資の方向性を決定する一方、機器メーカーはレポートをじて今後の技術的最化の道筋ることができます。

生産プロセスとサスティナビリティ

製薬業界において、サプライチェーンの持続可能性はめて重要な戦略の一となっています。機器のカーボンフットプリントを詳細把握することで、代替的な生産方示唆し、より効果的な意思 決定をサポートできます。例として、製薬業者が非経口用注射用水( WFI)の生産において、膜法や蒸留法選択する際の影響を考えましう。分析によると、温の WFI 生産方は、伝統的な高 温製べて最大 90%CO2 排出を削減できます。高温保を活する温製でも、高温製べて CO2 排出は 40%以上減します。さらに、ソフトウェアを最新化することで、蒸留装置がードのエネルギーとの消費を大幅に、最大 90%削減することが可能です。

新しい梱包資材の可能性

生産プロセスの各段階で環境への影響を削減する組みが進められており、その中心には代替梱包資材があります。注射剤ど液剤は、ガラスや使てプラスックといった伝統的な一次包装への縛りがありますが、固形剤の1次包装にはバイオマスPEを多層にしたPPシートの使用実績が出てきています。に、リサイクル可能で生解性のある材料利用やリサイクルPETフィルムが増加しています。また、外箱や次包装にはベースの材料が主となっています。

包装機器メーカー会社は、環境への影響を減しつつ、現行の製造ラインを活する方探求しています。例ば、栄養補助食品向けのベースのブリスターパックは、の影響から製品を保するも持っています。柔軟に対応可能な製造ラインの採用により、新しい包装技術の開発コストを抑えつつ環境負荷減することが期されます。革新的な組みで、材料研究から パッジ設計、テストまでの一したサービスの供は、包装技術機器の発進することが期待されます

共にサステナブルな未来を築き上げる

製薬業界は、現の取り組みを継続させると、20 年後にクライメイトニュートラルを達成できる可能性があります。期的に、サステナビリティの動きはビッグ・ーマだけでなく、製造受託企業や小規模な製薬会社もめた多くの企業にも影響を与えるでしう。製造機器メーカーはこの機会を活かし、製薬会社との持続的な関係をめていく必要があります。製品の生産や輸送廃棄物削減、機器の新、エネルギー効の向上は今後サステナビリティと追及していく際の主要な組みとなります。また、機器のソフトウェアップデートCO2 排出分析もエネルギー効向上のとなる可能性があります。

期段階からサスティナビリティ戦略組んできた製造機器メーカーは、新しいエネプションや設備ソリューションをれることで、競争優位性を獲得できます。技術的な可能性を絶えず探ることで、イノベーションを基盤とした持続可能な製薬環境くことができます。

 

[1] https://brighterworld.mcmaster.ca/articles/big-pharma-emits-more-greenhouse-gases-than-the-automotive-industry/

[2] https://www.southpole.com/de/klimaschutz-pharmaindustrie

[3] https://ifpma.org/news/joint-industry-statement-by-abpi-efpia-farmindustria-imc-ifpma-jpma-leem-phrma-and-vfa-on-the-un-climate-change-conference-cop26-biopharmaceutical-industry-actions-to-tackle-climate-change/

[4] https://www.roche.com/about/sustainability/environment/goals-performance/

[5] https://www.bayer.com/en/sustainability/climate-protection

シンテゴンテクノロジーのライフサイクル評価

機器のデータ分析先駆者として、シンテゴンは自社の包装設備のカーボンフットプリントを算出する手法導入しました。このはテュフラインランド 社からの認証け、力、圧縮空気体、包装資材どの要れています。部門のカートン包装機械だけでなく、医薬品部門カプセル充填機 GKF720 も、CO2 排出の向上に貢献しています。この手法じて、当社 CO2 排出と関連要を特定し顧客ごとに個別プローで全体的な消費を価します。この分析は、機器のライフサイクル全体、まり製造から輸送、稼働廃棄に至るまでを網羅しています。られ たデータをに、シンテゴンテクノロジーは持続可能な生産とコスト削減のために、顧客の機器プロセスの最化をサポートしています。

Syntegon_responsibility_planet

システムを続的に最化し、エネルギー効を向上させ る革新的な組みを進めることで、製造機器メーカーは 製薬会社のサスティナビリティの目標に寄与しています。

membrane-based-water-for-injection-system

膜法による注射用水(WFI)製造は、蒸留法比較して最大 90%の排出量削減になります。

sustainability-pharma

ソフトウェアップデートにより、機状における蒸 留設備でのエネルギーとの消費量を最大 90%削減できま す。

Syntegon_Life_Cycle

包括的な CO2 排出量分析では、製造、輸送、稼働、廃棄 までを含む設備のライフサイクル全体を考慮していま す。

GKF-720-machine

シンテゴンテクノロジーの カプセル充填機GKF720 は、 テュフ認証済みの新たな CO2 排出量算方定におい て、重な洞察をもたらしました。

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口

シンテゴンテクノロジー株式会社


村田 紀子
マーケティンググループ

お問い合わせはこちら