インタビュー:

加藤さん

(フィールドエンジニア、2017年中途入社)

「仕事を終えたときに、 お客さんに信頼されていると感じることが 一番の達成感になります」

Career Japan

働き方や仕事の特徴は?

医薬品の生産設備の立ち上げといったフィールドエンジニアリングの業務なので、出張での作業がメインになります。稼働日の半分以上は出張していて、新規設備の立ち上げのプロジェクト、アフターサービス案件のどちらもありますが、プロジェクトのほうが半年程度の長期になる傾向があります。長期とはいっても、各工程のはざまで自社に戻ってきている期間もあります。

現場では、基本的には当社から2名で現場に入ります。バリデーションなどの作業工程によって人の入れ替わりや担当社員のサポートが入ってきます。私はいま職長で、もう一人のエンジニアと現場に入っています。

普段なかなか立ち入れないような工場の生産設備に携わるのは面白く、海外から輸入された自社製品を扱えるのも魅力に感じています。前職は日系メーカーでしたが、当社の海外製の製品を扱うと、考え方が全然違っている点や、国際規格など世界の標準に触れられることは楽しいと感じます。

入社後のトレーニングについて教えてください

基本的にはOJTです、最初は先輩社員と一緒に現場に行って作業を教えてもらいます。入社からだいたい5年くらい経つと、みなさん独り立ちしてある程度自信をもって作業されていて、もう新人枠ではなくなるといった感じでしょうか。

仕事のやりがいは何でしょうか?

仕事を終えた時に、お客さんに信頼されていると感じることが一番の達成感になりますね。プロジェクトの最初、お客さんから「大丈夫かな?」と不安に思われている雰囲気を感じることもあるのですが、業務を進める中でどうしても起こってしまうトラブルをお客さんと一緒に解決して、そのあとお客さんから逆に相談をうけたりすると、信頼されているな、あの時きっちりやっておいてよかったなという達成感につながってきます。

お客様となる製薬業界の特徴はありますか?

医薬品という、人の体に入る製品を扱っている設備なので、その製造工程を何かひとつでも変えるとなるとバリデーション(適格性検査)もやり直しになり、独特の細やかさが求められます。そういった厳しさは前職の業界ではなかったので、製品仕様や検査手順の検討をきっちりすることでレベルの高い仕事につながるという経験が自分にとって非常にいい勉強になっていると感じます。

自社の魅力はなんですか?

やはり製品が優れているところです。機械を構成する基礎の技術がしっかりしていると感じます。例えば日本の機械だとサーボモーター一辺倒になる傾向にあるところを、カムの技術が使われている部分があります。生産サイクルによる同じ動作の繰り返しやモーター部品の寿命という点を考えると、確かにカムを使うメリットがあり、よく考えられているなと感じます。

Syntegon japan Career

成長を実感できるのはどんな時ですか?

まず現場の職長の経験を通し、現場でのお客さんとの対人スキルやスケジューリングのスキルが上達したこと。もう一つは、現場に入るようになって電気図面も読めるようになってきたことです。先輩に聞くとなんでも教えてくれて、アドバイスがもらえる環境なのが良かったと思います。

その他にも、当社で導入されている工数管理の考え方を身につけることができたと思います。各業務に紐づく工数を管理する過程で、自分の働きが幾らぐらいのお金を生み出しているのかを数字で見ていけるのが面白いと感じます。工数のバランスを調整する中で、まとまった休暇をとりやすいといった部分に役立つこともあります。

ワークライフバランスについてはどうですか?

時間外勤務は、変動はありますが、月平均すると20時間程度です。何時間も残業してでも良いものをつくりあげていくという価値観から、働く時間が決められた中でどう品質の高い仕事をしていくか、時間をかけずに良いものを作り出すにはどうしたらいいかを意識しています。それはドイツなどヨーロッパの考え方に近づいているのかもしれないですね。

今後チャレンジしたいことは?

前職ではメカの仕事がメインだったので、電気やソフトについてもっと伸ばしてマルチスキルを目指したいですね。あとは英語ですね。入社したときは、ほとんど英語の経験はありませんでしたが、海外拠点からのEメール、検査手順や取扱説明書を英語で読めるようにはなってきました。あとは読み書きだけではなく、英語で話せるようにもなりたいです。

最後に、当社への入社を検討されているかたへ

メカ・電気・ソフトなどどれでもいいと思いますが、自分の軸を何かひとつしっかり持っていることが一番重要だと思います。部署では機械・電気・制御とマルチに活躍できる人材になってほしいという方針があり、もしいま不足しているというスキルがあっても、入社後に身につけることが可能だと思いますので、応募される際にすべての経験がなくてもあまり心配はいりません。

 

シンテゴン・キャリアポータル

応募ページへ